BLOG

ここから整骨院高円寺 交通事故が起きた時の手順

2018/09/28

軽い怪我だからといって病院に行かないのはNG!

事故現場での対応が終わったら必ず病院で検査を受けましょう。交通事故では、脳内出血やむちうち(首の捻挫)が後から発覚するケースもあります。そのため、事故直後は平気だと思っても、その日のうちに病院で検査だけは受けるようにしてください。なお、病院で発行される診断書がないと、通院費や慰謝料などの治療に関する損害賠償の請求は認められません。もし負傷が発覚した場合には、必ず医師に診断書を作成してもらいましょう。 人身損害の補償を求めるには病院の診断書が欠かせません。特に、事故直後に負傷の診断を受けていないと、怪我と事故の因果関係を証明できず、治療に関する損害の賠償請求が一切できなくなる恐れすらあるので注意してください。遅くとも事故発生から1週間以内には病院を受診して、負傷の有無について診断を受けておきましょう。

交通事故が起きたときの手順

  1. 怪我人の救出
  2. 警察への連絡
  3. 事故現場の記録
  4. 相手の身元を確認する
  5. 目撃者の確保(事故の程度による)
  6. 保険会社に通知する
  7. 医師の診断を受ける
  8. ここから整骨院に連絡する