BLOG

寒い冬に向けての対策 高円寺ここから整骨院

2018/11/01
ロゴ

今日から11月又一段と寒さが増してきました。寒い季節は熱~いお風呂に入りたくなるもの。でも、熱いお湯は身体の表面だけを急激に温めて芯まで温まらないので、お風呂から上がったあとに冷めるのも早いと言われています。
冷え症に良い入浴方法は38~40℃のぬるめのお湯にゆっくりと浸かること。
中でも、おへそのあたりまで浸かる半身浴が、冷えやすい下半身の血行を良くして、身体を芯から温めるのに効果的です。体温が上がって血管が拡張し、血のめぐりが良くなり、老廃物も排出されやすくなります。又、水圧によって身体の末端の血流やリンパにも圧力がかかり、マッサージ効果も期待できます。尚、湯船に使っていると浮力で重力が軽減されるため、普段身体を支えている筋肉がほぐれやすくなります。
継続する事が大切ですが、浴室は、暖房をかけたり、風呂ふたを開けておくなどしてあらかじめ温めておくと、寒い冬場でも続けやすくなります。是非、お試しください。

高円寺ここから整骨院の小耳情報でした。