BLOG

寒い冬に向けての対策2 高円寺ここから整骨院

2018/11/05
ロゴ

ストレッチは下半身を中心に!

筋肉を鍛えると血液循環がよくなり、冷え症の改善に効果的です。
筋肉の70%は下半身にあるため、スクワットやストレッチなどで下半身を鍛えるのがおすすめ。
運動をしようと思っていてもなかなか続かないという方は、家事の合間や、布団の中でもできる簡単なストレッチをご紹介いたしますので、毎日の習慣にしてみてください。

  • 立って行う場合
  • 座って行う場合

ふくらはぎには、足の血液やリンパ液を心臓に戻すポンプの働きがあり、「第二の心臓」とも呼ばれています。ストレッチをすることで血液の循環が促され、冷え症の改善に繋がります。
ストレッチをする際は、急激に動かすと筋肉を収縮させてしまい逆効果となってしまいます。1つの動作に3秒ずつかけてゆっくり動かし、気持ちのよい程度でとどめるのが重要です。
仕事中や、電車やバスでの移動中、お買い物でのレジ待ち中など、ちょっとした“すきま時間”を活用して毎日少しでも動かすことを心がけましょう。継続する事が重要なポイントとなります。

高円寺ここから整骨院の小耳情報でした。