BLOG

夏バテ対策講座 ここから整骨院

2019/07/22
ロゴ
   
   ジメッとした日本の夏。この湿度の高い暑さは、とても不快で体調を崩しがちです。
でもその原因をきちんと理解し夏バテ対策すれば、夏バテ解消もそうむずかしいことではありません。
 
   夏バテの原因と症状は次の通りです。  
 
体内の水分・ミネラル不足・・・脱水症状
暑さによる食欲の低下・・・栄養不足
暑さとエアコンによる冷えの繰り返し・・・自律神経失調症
 
  自律神経は全身の機能に影響を
及ぼすため、夏バテになると心身
ともに不調に陥り、次のような症状が
出てきます。
 
   
全身の疲労感 イライラする むくみ
体がだるい 熱っぽい 食欲不振
無気力になる 立ちくらみ 下痢・便秘
 
   とくに体の調節機能が未熟な幼児は、脱水症状を起こしやすくなります。お年寄りは暑さによって体温が上がって、熱中症(日射病と熱射病)を起こし、衰弱しやすいので注意してください。  
 

 
 
  病院ではどんな治療をするの?  
   まず問診で患者さんの症状などを詳しく聞き、「夏バテなのか、他の病気によって症状が起こっているのか」をスクリーニング(ふるい分け)検査します。
 検査によって他の病気がないことが確認されて、夏バテと診断されたら、患者さんの症状に応じて次のような治療を行います。
 
  点滴  
   脱水症状を起こしているときや、食欲がないために食事から栄養補給ができないときなどに、ミネラルなどを補給。
 
 
  ビタミン類の補給  
   食欲がないために十分な栄養が摂れず、体のだるさや疲労感などを訴える場合は、炭水化物を効率よくエネルギーに変える効果などがあるビタミンB群などのビタミン剤を処方する。
 
 
  夏バテの原因を取り除くための生活指導  
   環境(エアコン)や食事、睡眠、運動など、夏バテを予防する生活法を総合的に指導する。  
     
                夏バテ対策(予防)の食事法  
 
 栄養バランスのよい食事を摂ることが基本ですが、食欲がないときは、とくに「量より質」を心がけましょう。
☆ビタミン、ミネラルをしっかり摂る
☆良質のタンパク質を十分に補給(冷や奴、豚肉の冷しゃぶ等)
☆ビール、清涼飲料水の飲み過ぎに注意
☆香辛料や酸味で食欲増進(タバスコ、酢の物、カレー等)
☆食欲が無くて食事がとれないときはサプリメントや胃腸薬を利用する